里帰り出産中の旦那さんの生活費はいくら位必要?食事はどうしたらいい?

生活

スポンサードリンク



 

出産を間近にして、里帰り出産を考えている人もいらっしゃんるのではないでしょうか。

多くの方が、生活費の管理を奥様が管理している事でしょう。

そこで悩むのが、奥さんが里帰り出産で寄生している間の旦那さんの生活費ですよね。

旦那さんも一緒に帰るのであれば問題ないですが、旦那さんは家に奥さまは実家にとなると、二重に生活費がかかりますよね。

他の家庭では、旦那さんにどの位生活費を渡しているのか気になるところではないでしょうか?

ここでは、奥さんが里帰り出産で旦那さんの生活費をどうしているのかについて情報を集めていますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク



里帰り出産での旦那の生活費はどうしているのか?いくら渡すの?

旦那に渡す生活費の平均は、月に3〜4万が相場と言われています。

旦那さんが自炊できる方であれば、この金額であれば十分に賄う事が出来るでしょう!

むしろ余るくらいだと思います。

何も自炊もできない人にとっては、この金額ではギリギリかもしれません。

今の若い男性は意外に自炊する人が多いですよね。

逆に、年配の男性は米すら炊いた事がないと言う方が殆どでしょう!

ですから、今の若い人にとっては、3〜4万円の生活費があれば充分と言う事になります。

 

里帰り出産中の生活費を節約する方法はあるの?

先ほども記載しましたが、旦那さんに自炊してもらう事が節約する方法の第一歩です。

外食するのは意外とお金がかかりますからね。

今ではお米さえ炊ければ、おかずは何とでもなりますから、お米を炊く練習は日頃からやった方が良いでしょう!

この時期にやっておくと後々役に立ちますよ。

 

また、レトルト食品や冷凍食品などを事前に準備して置くと良いでしょう。

冷凍食品はチンするだけですから、帰りが遅く疲れている旦那でも簡単に出来ますからね。

また、実家が遠方でなければ、週末は旦那さんに実家に来てもらうと言うのもありかもしれません。

スポンサードリク

 

しかしながら旦那にとっては、せっかく休みをのんびり過ごせるのに、わざわざ気を使う実家に進んでいくと言う方は少ないと思いますので、そこは強制しないようにしましょう!

 

里帰り出産の期間はどれくらい?

一般的に多いのが産前、産後1ヶ月としている方が多いのではないでしょうか?

初めての出産を迎える人にとっては、親がそばに居てくれることはとても有り難く、不安の軽減にもなります。

ちなみに私は産後2週間くらいしか里帰りはしていません。

旦那の親と同居していた事もあり、ある程度落ち着いたら戻りました。

1ヶ月ゆっくりできると心身共に楽ですから、1ヶ月目安に考えると良いですよ!

但し、その間も旦那さんとはしっかりとコミュニケーションを取るようにしましょう。

旦那さんだって、生まれた可愛い我が子を早くみたいでしょうから、旦那さんの気持ちも考えてあげつつ期間を決めると良いかもしれませんね。

今では、里帰り出産が当たり前では無くなってきていますから、必ずしも里帰りをと考えなくても良いかも知れませんね。

 

まとめ

里帰り出産する事で、生活費は二重に発生しますからいつも以上にお金がかかります。

そうでなくてもお子さんが生まれた事でお金がかかりますから、少しでも生活費を抑えたいものですよね。

これまで一切家事をしなかった旦那さんに、家事を覚えてもらうチャンスでもあります。

これまでお米を炊いた事がないと言う旦那さんについては、事前に一緒に焚き方を教えてあげて1人でも炊けるようにしてあげましょう!

このチャンスを逃してしまうと、一生旦那はお米すら炊けない人になってしまいますから、この機会に是非チャレンジさせてくださいね。

まと、嫌でもゴミ出しや片付けもしなければならなくなります。

今後、役割分担するときに大いに役立ちますから、奥様にとっては里帰り出産は最適ですよね。

里帰り出産の期間については、旦那さんとよく話し合って決めましょう!